Vagrant + Hyper-Vで共有フォルダでPermission deniedエラーになるとき

Vagrant + Hyper-Vで共有フォルダでPermission deniedエラーになるときの対処方法。

SMBのv1がオフになっているとか、いろいろあるみたいでしたが、筆者の環境ではヒューマンエラーでした。

エラー内容

Failed to mount folders in Linux guest. This is usually because
the "vboxsf" file system is not available. Please verify that
the guest additions are properly installed in the guest and
can work properly. The command attempted was:

mount -t cifs -o vers=2.0,credentials=/etc/smb_creds_vgt-40f59735aded5df5cd4498f495b8276d-9a5bc242bbc83399a3830ec9912d7b7c,uid=1000,gid=1000 //192.168.1.2/vgt-40f59735aded5df5cd4498f495b8276d-9a5bc242bbc83399a3830ec9912d7b7c /home/vagrant/Share

The error output from the last command was:

mount error(13): Permission denied
Refer to the mount.cifs(8) manual page (e.g. man mount.cifs)

なんかパーミッションって言ってるんですが、ゲスト?ホスト?どっち??

vagrant up時のアカウント名はマイクロソフトアカウント

Windowsのセットアップをしたときに、最初はローカルアカウントで作成してあとからマイクロソフトアカウントに連携させたから気づかなかったんですが、vagrant up時に聞かれてくるUsernameって、マイクロソフトアカウントのことなんです。(元々がMacユーザーだからか、そういう発想自体がなかった)

なので、vagrant up中に

 default: Preparing SMB shared folders...
    default: You will be asked for the username and password to use for the SMB
    default: folders shortly. Please use the proper username/password of your
    default: account.
    default:
    default: Username:

と聞かれたら、最初に作成したローカルアカウントではなくて、マイクロソフトアカウント(outlook.comとか)と、そのアカウントのログインパスワード(outlook.comとかパスワード)を入れることでPermissionエラーは回避できます。

こんな初歩的なミスに気づくのに2時間もかかってしまった。。。