NetlifyでBasic認証をかける

NetlifyでBasic認証をかける方法を調べたのでまとめました。

公開ディレクトリルートに_headersファイルを用意する

NetlifyでBasic認証をする方法は簡単で、公開ディレクトリのルートに_headersファイルを設置すればOKです。

_headersファイルには、下記のようにルールを書けばOKです。

/*
  Basic-Auth:  ユーザー名:パスワード

ただし、無料プランではBasic認証は使えない

Netlifyでの認証機能は、有料プラン以上の機能となっているため、無料プランでは_headersにBasic認証設定を書いていても、Basic認証が有効になりません。NetlifyでBasic認証を使いたいなら、有料プランにする必要があります。

どうしてもNetlifyの無料プランでテストサイトをアップしたい場合は、、、

テストブランチをNetlifyで公開してチェックしたい場合や、モックアップサイトをクライアントに見せたい場合などは、独自ドメインを割り振らずに、Netlifyの初期ドメインや乱数ドメインなどを使うことで、「URLを知っている人だけがアクセスできる状態」にすることで、外部からのアクセスを回避することはできます。

心配であれば、テストブランチの時だけnoindexタグを追加すればGoogle対策も一応できます。

完璧な方法ではありませんが、個人用途ならこれでも問題ないかもしれませんね。